20131103173554a02.jpg 音の演出などもあり灯篭が生きているようにさえ感じます