FC2ブログ
窓がない=は〇〇の部屋なのです〜韓国留学 極寒の冬を乗り切る知恵?w〜
アンニョンハセヨcloverleafです

現在我が町内の気温は8度(我がiPhoneによるとw)

このあと気温は下がり、翌日には最高気温3度の予報にございます

目に見える気温の低さというのは出掛ける際に身構えるものですが

室内は果たしてどうか(?)というと・・

室内だし、、外部よりは寒くないっしょ?という・・

何かしらの安心感ってないでしょうか?

韓国は室内、床暖房完備で温かいという話を留学生のみなさんは

よく耳にし、いざ寒い日を迎えたものの、、、

おもったよりあたたくないじゃん??

えええええ?友達の滞在先は床暖房ついたとか聞いたけど

うちはついている様子がない・・もしや床暖なしとか??なんて

よく話題になるのは床暖(온돌=オンドル)がフル稼働する前。

滞在先を管理するオーナーや管理者は

天気や気温などを見ながらで室内の温度調整を行うのがデフォ。

その為・・

個別で冷暖房が調整が出来る滞在先以外は

全館すべて統一された温度で調整されています。

※個別で冷暖房が調整できる滞在先の数というのは
どんな地域であっても数はそう多くはおありません。

韓国の冬はとにかく長い。
そして真冬はマイナス15度以上になる日もあります。

10月、11月の時点で-15度以上になれば

オンドルフル稼働にもなりますが

氷点下になっていない段階でオンドルフル回転にはぜず

現時点の天気や気温などをみながら

オンドルを稼働したり、止めたりなど調整をするわけなんですね。
←これは各滞在先の管理している方次第でもある為
10月11月の季節は特にオンドルがついてる・ついてないといった
話題になるものです(笑)

真冬時、マイナス20度近くにもなる韓国では

窓がある部屋というのは(窓があるだけで)冷気が室内に伝わりやすく

室内の温かさを奪ってしまいます

では窓が小さければそうでもない(寒くない)というわけでなく・・

外に面している窓がどんなに小さく、

窓の鍵を閉めても冷気は伝わるものなのですね。

その為、本格的な冬を迎える前、冬を乗り切る為備えとして

韓国の大型マートやダイソーなどで断熱材などが販売されます。

断熱シートという名のブチブチ。w

日本ではプチプチという名で呼ぶ方も多いかもしれませんね(笑)

このプチプチ断熱シート、窓の内側に貼る事で

窓とお部屋の間に空気の層を作ることにより、熱の移動を防ぎ

暖房効果をアップさせるという代物なのでございまする。


冷気が入るのを防ぐ為、目張りをして外窓を閉じて真冬対策です。

滞在先によっては断熱シートだけでなく、雨戸などもつかって

外窓を覆って完全に外窓をふさいでしまう所もあります。
(なので外窓の部屋であっても冬は完全に外の光が入らない・・なんてことも)

これから留学される方の中にはネットなどの情報で

(外窓)がない部屋があるんだ・・という事は・・

窓のない部屋に生活をした事のない方にとっては

理解しがたいものかもしれません
←私も初めての留学時は外窓部屋を希望したものですw

よく『外窓の部屋以外は部屋に窓はないんですよね?汗』という質問を

頂くのですが

窓がないというお部屋=外窓タイプのお部屋ではないという事なのですね

外窓はなくても

その変わり(?)に内窓がついている所がほとんどです

え?外窓って?内窓ってそもそもなに?と思われる方も

いらっしゃるかもしれませんが

簡単に説明すると

外窓=外の光が室内にはいってくるタイプの部屋
内窓=廊下側に窓がついているタイプの部屋

なのでございます

ちなみに内窓のお部屋というのがこんな感じです。

内窓のお部屋は廊下側に窓がついています。

窓の位置は滞在先によって全くことなりますが

ドアの上に窓がついている所や

写真の様な内窓タイプのお部屋もあります。
※ちなみに内窓の部屋は복도방(ポクトパン)、
もしくは내창방(ネチャンパン)といったりします。

窓が全くない・・ではなく廊下側に窓がついているタイプのお部屋があるということ。


コシテル2年生活歴のある私ですが

外窓・内窓両タイプの部屋をそれぞれ生活した事がありますが

両タイプともにもちろん、メリットデメリットございます。

外窓;メリット 外の光が入るので室内明るく感じる。
    デメリット;真冬時は冷気が部屋に伝わりやすい
          網戸をしていても蚊や虫が侵入してくる時がある。
          
内窓;メリット; 外窓より部屋の価格が少し安くなる
          真冬時、外窓より温かい。
    
デメリット;外の光が入らないため、日中も電気をつけないと部屋が暗い。
       外窓の部屋より圧迫感を感じやすい・・・  などなど・・。


どんなタイプの滞在先でもメリットデメリットはありますが

長期で留学する学生さんの中には

夏は外窓、冬は内窓のお部屋といった具合に同じ滞在先内で

季節に合わせて部屋を移動したりする方もいらっしゃいます。
※部屋の移動を希望する際には部屋の空き状況や
価格帯も異なる為、あらかじめ管理している方に確認が必要です※
       

極寒の韓国の冬を快適に過ごすためには

滞在先の部屋の特徴を知り検討材料にする事も大切ですョ


>http://www.aah-e.net/">aah! education にお任せください! ■


韓国長期・短期語学留学|韓国留学のaah! educationへ



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国留学 ブログランキングへ
[2016/11/21 23:46 ] | 滞在先・コシウォン | コメント(0) | トラックバック(0)
どんな滞在先も完璧はないです。
アンニョンハセヨcloverleafです

ここ最近非常に困っている事。。

なざかトップ画面、が縦になってしまう我が家のパソコン・・

ここ数日前から突然我が家のパソコンのトップ画面が

縦になってしまう事(笑)

この機械オンチの私にとってはこの症状が出た数日前、

トップ画面を横に戻そうと格闘する事数時間・・(汗)。。

やっとの思いで直し、次の日も電源をいれるとまた画面が縦に・・

この原因は一体・・。←きっとパソコンがなんらかの拒否症状

(例えば故障してしまうとか)を出しているのではないか・・と

少々不安でございます

さて

ここ連日、来春の申請書の出願に滞在先探しの旅へとでております。

この仕事をして

滞在先のコシテルや寮、下宿、ワンルーム、ゲストハウス、レジデンスなど

多くの物件を見てまわっていて、常々感じる事。

どんな滞在先であっても完璧な物件はないという事です。

どの滞在先が一番おすすめですか〜?
寄宿舎が断然いいですよね?
いあいや、オフィステルが一番ですよね?
とにかく広いコシテルがいいです!

いろ〜んな声をいただくのですが・・

1人1人すべての希望が揃った物件というのは

残念ながらどんな滞在先でもないのです。

ワンルーム。

広くて大きな部屋のワンルーム。

他の滞在先に比較するとデメリットなど1つもない様に思う方も

いらっしゃるかもしれません。

し・か・し
契約期間は長い事
フルオプションといわれていても
ベットや机、その他家電製品など一式そろえなければならない。
インターネット、ケーブルテレビの加入
光熱費や管理費、保証金がかかるなど

コシテルなどに比べ生活する為のものを買い揃えるため

費用はそれなりにかかりますし

また留学を終え、帰国時には買い揃えたものなど

処分して帰らないといけないという事もあります。

また、ネットやケーブルテレビの加入手続きや
備え付けの家電製品などの修理を依頼する場合など
入居者本人が韓国語でしていかなければなりません。

つぎにコシテル。

家賃の中に光熱費も含まれている。
(コシテルによって異なるが)ご飯やキムチ、調味料など提供してくれる。
部屋が狭い。
広い部屋を持つコシテルも広い部屋の数が多くない
何か月も前からホテルの様に予約が出来ない。
机やベット、またシャワートイレなど完備しており
コストパフォーマンスはよい。

滞在先によってそれぞれメリット・デメリットはある。


次にハスク(下宿)。
以前に比べ、下宿自体のが減っている。
部屋は広いが建物や施設が古いところが多い。
食事提供をカットしている所も多い。
長期で借りてくれる人を優先(1年契約)
保証金が必要な所もあり。
外国人お断りあるいは女子学生お断りなども有。

하숙(ハスク)お部屋の1例です☆

広くて快適だと言われるワンルームでも

小さなコシテルでも下宿でもホテルでも

メリット・デメリットは必ずあります。

外国生活、少しでも快適に過ごしたいという気持ちは

どんな人でも考えることですが

自分の条件すべてをかなえる物件を・・といいうのは

きっと自分で(建物を)立てない限り

難しいのではないかと思います(笑)
←それは外国でも日本でも同じことが言えると思いますが・・

各滞在先の特徴(メリット・デメリット)を知り

自分にとって、ここならいいかなという

ありのままの環境を受け入れることが

どんな滞在先でも快適に感じる方法かと思います


■韓国留学のことならaah! education にお任せください! ■


韓国長期・短期語学留学|韓国留学のaah! educationへ



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国留学 ブログランキングへ
[2016/11/18 23:54 ] | 滞在先・コシウォン | コメント(0) | トラックバック(0)
今年もまたお世話になります。家の契約延長の巻。
アンニョンハセヨcloverleafです

夏祭、第3クール目に入り、個人的な手続きもしなきゃいけなかった事。

また1年お世話になります!

家の契約更新

今のワンルームに引っ越してからはや、2度目の契約更新。

本当は7月に契約更新しなければならないのに大家さんもうっかりしていた様で

『あ、今回の契約はどうしますか?』と連絡が来たのは

ギリ契約満了前の事。

私自身も契約延長の事を伝えるのが遅くなってしまったのも原因なのですが

先日やっと延長契約書を提出しました。

知り合いや友人からも『家、全然変わらないね(引っ越さないね)』と言われるのですが

今まで韓国生活でお世話になった滞在先は

学校に通うにしても、会社へ行くにしても位置的な事、治安、

また滞在先の施設などトータルで考え、自分的には充分だと思った事が1つ。

滞在期間が決まっている留学生活中に何度も滞在先変える事は

面倒だという事も理由の1つでした。

引っ越してきた동내(町内)の1枚。

下宿だから、寄宿舎だから、コシテルだから、ワンルームだから

快適だ、快適じゃないといった声は留学生活がスタートしたら

よく話題になるし、友達が住んでいる所がなんだかもっと良さそう・・だなんて

思ってしまう方もいるでしょう。

住環境が日本と大きく異なる外国だからこそ

日本と全て同じ・・というのはどこを探してもあるわけなく、

駅近、学校も街へも近くて、広くてきれいでご飯付で浴槽がついていて、トイレと

浴槽は別でそんでもって家賃4万円位の・・

なんて物件はございませぬ(笑)

どんな滞在先であっても利点・不利点は必ずあるものなのです。


■韓国留学のことならaah! education にお任せください! ■


韓国長期・短期語学留学|韓国留学のaah! educationへ



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国留学 ブログランキングへ
[2016/08/11 23:52 ] | 滞在先・コシウォン | コメント(0) | トラックバック(0)
題して『留学に来たばかりのみなさんから家のことでよくいただく声。』
アンニョンハセヨcloverleafです

6月もはや3日目・・・。

もう5月が遠い日の事に感じるのは私だけでしょうかね(遠い目w)

6月ということもあって、日中は日差しも強く

気温30度を超える夏日。

連日の訪韓ラッシュですでに日焼けして黒くなってきております(笑)

夏学期から留学されるみなさん、またご旅行でいらっしゃる方も

紫外線対策もお忘れなくなさって下さいね

さて

昨日は留学生の滞在先について少しお話ししましたが

今日はそのちょっぴり続編。

題して『留学に来たばかりのみなさんから家のことでよくいただく声。』

コシウォンやコシテルといった

滞在先で共同で使用できる場所の1つが台所。

共同施設の1つである台所。

その台所はその滞在先に住んでいる方が

利用でき、簡単な調理などをしたり休憩したりできるスペース。

留学生活がスタートしたばかりのときは慣れていないこともあり

いつ使用するにも緊張したりすることもあるでしょう。

よくいただく声
⭐︎台所へいくと誰かが調理しているのでいつ使っていいのかわからない
←誰かがいると遠慮してしまう

⭐︎電化製品が韓国語で表記されていて使い方がわからない。
←日本で使っている電化製品と使用方法などほとんど変わりはありません。

⭐︎洗濯をするタイミングがわからない
←滞在先によって利用時間なども異なります。

洗濯場の風景

台所や洗濯室などは滞在先によって利用できる時間も

それぞれ異なります。

各お部屋は自分が生活する場所でありますが

それと同時に他の人も同じように生活していて

共同スペースは滞在先全ての人が利用する場所であります。

誰かがつかっているから・・
後で・・
でもまた誰かがつかっている・・

そう遠慮がちになってしまうと
永遠に自分の番が回ってきません

遠慮の塊は部屋に置いて(笑)、共同スペースを使い慣れする事が

大切です

まだ韓国語があまりできないので..
うまく話せないので..という声もありますが

生活をしてみて出会った分からない『生活単語』との出会いは

まずは自身で調べてみる、言葉にしていくうちに自分のものにしていけます


■韓国留学のことならaah! education にお任せください! ■


韓国長期・短期語学留学|韓国留学のaah! educationへ



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国留学 ブログランキングへ
[2016/06/03 23:58 ] | 滞在先・コシウォン | コメント(0) | トラックバック(0)
韓国留学 滞在先の不思議 その③ 共同で使う場所

アンニョンハセヨcloverleafです

日曜日は私の知らないうちに行ってしまいましたが

みなさんの週末はいかがお過ごしでしたでしょうか?(笑)

さて。先日から滞在先の事についてご紹介しておりますが

一度では話しきれない事が沢山ッ(笑)

てなことで・・分割してご紹介しておりますが

本日はそのでございますㅎ

多くの留学生が利用する

コシウォン・コシテル・寄宿舎・シェアハウス。

どの滞在先でも共通している事というと

自分が利用する以外に他人との共同生活の

スペースもあるという事です。

寄宿舎の場合は共同で使うのがお部屋
(1人部屋を除きます)

寄宿舎は基本2人部屋のところが多いそうです。

1人部屋として利用できる寄宿舎をもつ

大学はそれほど多くありません。
(あっても部屋数も多くありません)

2人〜4人で1部屋、多いところでは6人で1部屋を

利用する・・なんていう寄宿舎もあります。

コシウォン・コシテル・下宿・シェアハウスといった滞在先ですと

1人、1部屋というスタイルがほとんど。
(コシウォン、1部のシェアハウスによっては2人部屋という所もあります)

滞在先例

自分が利用する部屋以外に

共同で使う所というと洗濯機や台所、シャワー室やトイレなど。


各滞在先によって異なってきますが

寄宿舎はお部屋やトイレ・シャワーなどは部屋の人と一緒に使う。
(部屋にシャワ―トイレがないところは寄宿舎の入居者と共同で使用します。)

共同のシャワー室

例えば・・こんな風にシャワー室を完備している寄宿舎もあります。↑

下宿やシェアハウスなども各部屋にシャワ―室がついている所はほとんどない為

シャワーやトイレは共同で利用する所が多いです。

その他、共同で使える場所というと

台所です(下宿や寄宿舎は除く)

共同施設の1つである台所。

調理器具や食器なども共同で使う事ができ

簡単な自炊をする事ができます。

コシウォンやコシテルの場合、

お醤油や油といった調味料やキムチ、ごはん、ラーメン、お茶のティーパック、

浄水器(温水・冷水)などを無料提供してくれること。
(※提供しているものは滞在先により異なります)

家賃を払っているんだから(無料提供物が)あって当然!
(提供された)食事は美味しくて当たり前!という声もありますが

あくまでその滞在先から提供されたもの。

滞在先のルールも守って、限りあるものものを大切に利用する事は

共同生活において最低限のエチケットです


■韓国留学のことならaah! education にお任せください! ■


韓国長期・短期語学留学|韓国留学のaah! educationへ



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国留学 ブログランキングへ
[2015/12/14 02:35 ] | 滞在先・コシウォン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<前のページ | ホーム | 次のページ>>