FC2ブログ
韓国 コシウォンこれからの季節は外窓派?内窓派?

アンニョンハセヨcloverleafです


昨日から天気予報の気温にマイナス気温が

ひょっこり登場し始めた韓国ソウルです(笑)

現在、私の携帯の天気予報によると…来週の木曜は

最高気温8度で最低気温マイナス1度。

(ちなみに水曜の最低気温はマイナス2度になっておりまするㅎ)

現在留学中の方の中には

マイナス気温の韓国を体感するのは初めての方も

いらっしゃるかもしれませんね

私も2年前、初めて韓国の冬を体験したわけですが

なんせ石垣島生まれの石垣島育ちですから

特に9月から急激に下がった気温に
(当時は9月で日中15、6度=石垣島の真冬(1、2月)の気温)で

体と頭が一致しないというんでしょうかね(笑)

島育ちの私の体は9月=まだ真夏

でも気温は15、6度。=冬

真冬の韓国なんてマイナス20度近くにもなると

聞いてちゃぁ…この先、私は生きていけるんだろうか…(←大げさㅎ)と

真剣に悩んだものですㅋㅋ

そんな私でも韓国の冬を2度超す事が出来(笑)現在に

至っております

さてそんな私も1留学生だったので

韓国留学されるみなさんの多くが滞在先として利用している

고시원(韓国語;コシウォン)で生活していたんですが

これからの時期

その고시원のお部屋についてちょっぴりお話したいと思います

私が一番最初の冬を越したコシウォンのお部屋です。

写真は私が初めて韓国の冬を越したコシウォンのお部屋です。

お部屋には小さな外窓があるお部屋で

机、棚、冷蔵庫、ベット、クローゼット、テレビ、シャワー、トイレ

WI-FI、インターネットも使用できます。

고시원はお部屋自体はもともと広いわけではなく

コンパクトではあるものの

とても機能的にできている滞在先です。

よく窓のない部屋?…と思われた方もいらっしゃると思いますが

窓がないお部屋というのは

外窓ではなく、内窓(お部屋の通路側)についている

コシウォンが多いです。

下の写真も実際に私が住んでいた外窓のない

内窓のお部屋です。



(↑非常口の上に小さな窓があります)

建物の構造的に窓の位置などもコシウォンによって様々。

外窓がないとちょっと…いう方も少なくないかもしれませんね。

滞在先の地域、外窓がある・ないでも家賃の価格も

変ってきますが

内窓、外窓のそれぞれの利点もあります。

外窓があるとお部屋にも光が入り、いいのですが

これからの時期、結構冷えます。

온돌(韓国語;オンドル=床暖房)が稼働していても

外窓があるお部屋は

窓を閉めても冷気が入ってきてしまうので

内窓のお部屋に比べて寒く感じます。


一方で内窓のお部屋は外の光が入らないので

お部屋の電気をつけていないと真っ暗…といった点も。。

しかし外窓がない分、冷気が入らないので

온돌(韓国語;オンドル=床暖房)もよくきき、暖かいので

お部屋内では薄着で過ごせたり、また布団などもわりと薄いもので

済んでしまえたりもします。
(※体感温度やそのお部屋の位置によっても異なるかと思いますが…)

私も2年間の間に同じコシウォン内で5回

移動していろんなタイプのお部屋に住んでみました(笑)

どちらにも色々な特徴や利点もありますが

長期で滞在される方はコシウォン生活も少しずつ慣れてくると

管理人さんと直接話して、お部屋の空き状況で夏は外窓の部屋、冬は

内窓のお部屋に…と移動される方もいらっしゃいます

ただし、お部屋の価格も地域、コシウォンによって異なってきますので

ご参考までになさって下さいね

私も初めての留学の時は外窓のあるお部屋が希望だったんですが

最終的には内窓のお部屋に移動して生活していました

でも絶対に譲れなかった条件はやっぱりトイレかなぁ(笑)

トイレとシャワー室はセットで^^


部屋に個人のシャワートイレがあるお部屋というのが

私が部屋を選ぶ条件の中で譲れなかった事です(笑)

もちろん好きな時、タイミングで入る事が出来る事もそうですが

やっぱりトイレは緊急時の時も考えておかないといけませんからねㅎ



■韓国留学のことならaah! education にお任せください! ■


韓国長期・短期語学留学|韓国留学のaah! educationへ



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国留学 ブログランキングへ
スポンサーサイト



[2014/11/08 14:06 ] | 滞在先・コシウォン | コメント(0) | トラックバック(0)
<<韓国だけ?水はセルフです^^ | ホーム | 中華料理IN韓国>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aah10.blog.fc2.com/tb.php/587-2e2aa95f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |