FC2ブログ
これからの季節、韓国のコシウォンでは・・?
アンニョンハセヨ Cloverleafです 


明け方の気温がだいぶ下がり

現在、旅行でいらっしゃってる方も 

留学真っ只中の留学生のみなさんも“寒い・・”と感じている方も

多いのではないでしょうか?

昨日もブログで書かせていただきましたが

明け方は3度、今日も4度といった気温でしたので

さすがに“寒い”と感じるわけですよね笑


そんな今日、出勤前に同じコシウォンに住んでいる

当社のお客様から

『部屋が寒すぎてこれからの時期は

どう過せばいいでしょうか?』という

1件のカカオトークを頂きました。


そのお客様のお部屋は外窓と室内側にも窓のある

珍しいタイプのお部屋


私もコシウォン生活はトータル1年あまり。

外窓のあるお部屋、外窓のないお部屋、

両方住んだ事があるのですが


ベッドと洗濯スペース



実際、身をもって思った事は

これからの季節、だんだん気温が下がる韓国では

外窓のあるお部屋は外窓のないお部屋に比べ

寒く感じやすくなるという事です。


以前借りていたお部屋です☆


写真は私が2度目の留学で借りていた外窓付きのお部屋。

真冬の1月韓国は外はマイナス20度近くなる事もあるので

この小さな窓をしっかり閉めても冷たい空気が

窓の隙間から部屋に入ってくるわけなんですね


そのため、真冬時は窓側にビニールやホイルで目張りをして

冬のシーズンは過しました

目張りをするだけでもだいぶ異なるので

外窓付きの方は寒さ対策をしっかりなさってくださいね


もう少し寒くなるとコシウォンでも

온돌(韓国語;オンドル=床暖房)も付くのですが

온돌をつける時期などは

滞在先のコシウォンの管理人さんによって

異なります。


私も去年の今頃は学校の友達とよく

“온돌がついた、うちのコシウォンはまだだ”とか

寒くなりはじめた時の一番の話題でした笑


日本人には初め、外窓のないコシウォンのお部屋は

結構抵抗がある方もいらっしゃるかもしれませんが
(私も初めそうでした)

長期滞在でコシウォン生活も慣れてくると

内窓しかないお部屋でもわりと快適に過す事もできます

長期留学している人によっては季節によっては

同じコシウォン内で部屋を移動する
(その時のお部屋の空き状況にもよりますが)

例えば・・寒い季節は内窓のお部屋に、夏は外窓のお部屋に・・

といった感じで利用している方もいます


それからもう1つ。

滞在先で意外と知られていない大学の“寄宿舎”の真実(笑)

寄宿舎・外観(例1)

大学の寄宿舎(学生寮)を滞在先に選択肢される方も多いかと

思います

寄宿舎の魅力はなんといっても比較的学校に近く、

セキュリティーがしっかりしていて比較的安いのが特徴でもありますが

通常、語学堂専用に運営されている寄宿舎は少なく

ほとんどが大学との兼用が多く、語学堂の学生が入れる数が

極端に少なく、一部を除き非常に入りにくいのが現状です

また1学期、もしくは2学期までという

制限がついているところも多いため

2学期以上学校に通う際は寄宿舎を出て

新たに滞在先を探さなければいけないというのもあります。


そして、短期・長期により使える寄宿舎が

違っていたりすることもあり注意が必要です。


寄宿舎は基本2人部屋のところが多いそうです。



寄宿舎は外見や建物、共同施設はとても整っているのですが、

個室内に何もないところが多くテレビや冷蔵庫がないのが通常で

インターネットなども別料金のところがほとんど。

外出制限や門限などもあります。

寄宿舎は登下校の際には近くて便利ではありますが

繁華街からも離れている所も多いのが特徴です。


滞在先は留学で気になる事の1つ。

ぜひお気軽にお問い合わせくださいね


 
■ 韓国語学留学のことなら、aah! education にお任せください! ■


韓国長期・短期語学留学|韓国留学のaah! educationへ



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国留学 ブログランキングへ

スポンサーサイト



[2013/10/26 19:01 ] | 留学生活 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<韓国ドラマ。楽しみながら韓国語の勉強を・・ | ホーム | ソウル。今日の朝の気温は3度なり。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aah10.blog.fc2.com/tb.php/189-0f1ebb53
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |