FC2ブログ
あるカンでフィールドワーク。〜西大門エリアにお出かけ〜
アンニョンハセヨcloverleafです

5月初めの週末。

ソウルでは午後からあるカンセミナーが行われました。
*あるカン(在韓)セミナーとは
韓国で韓国語を勉強している語学留学生、韓国の大学に通う大学生、院生、
韓国で働き活躍する多くの元留学生、在韓日本人、
在韓歴の長い普通の在韓日本人の方たちなど在韓日本人を結ぶ
セミナー式ネットワークです。

あるカンセミナー。今回は初めてのフィールドワーク!

今回のあるカンは初めてのフィールドワーク!西大門エリア!

近代韓国の歴史。朝鮮時代の冊封の歴史。

そして現代韓国の下町を生きる人たちの街を

講師のENAさんの案内のもと、訪ねてみました。

本日のメインとなった西大門エリア、

実は私も以前から行って見たかった場所。

西大門刑務所歴史館についにやってきました。

西大門刑務所歴史館。

1908年に京城監獄として開所し、その後、幾度も名称が変わり

西大門刑務所に。当時は韓国で最も大きな監獄だったそうです。

刑務所がソウル郊外に移転後、使われなくなった刑務所の建物は

一部の施設を保存・復元された歴史館となっています。

刑務所の歴史を訪ねて。

私は今回初めて訪れたのですが、昔、見学した事のある方の中には

地下の拷問室はリアルな人形の再現展示が今よりもっと多く、

目を覆いたくなるようなものが多かったそうです。

地下の取り調べ室。

実際に収監されていたという獄舎の原型もあり、

中にも入って見学できるようになっていました。


獄舎を歩いてみる。

週末ということも手伝ってか

家族連れの方や外国人、団体客で館内は多くの人が訪れており

ました。

日本ではあまり触れられない韓国近代史の1つ。

色々と考えさせられるフィールドワークとなりました。

#あるカン
#日本語寺子屋


■韓国留学のことならaah! education にお任せください! ■


韓国長期・短期語学留学|韓国留学のaah! educationへ




にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国留学 ブログランキングへ
スポンサーサイト
[2019/05/04 23:46 ] | イベント | コメント(0) | トラックバック(0)
<<あるカンセミナーでフィールドワーク 〜西大門エリア〜 | ホーム | チキン愛w>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aah10.blog.fc2.com/tb.php/1676-05c8610e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |