FC2ブログ
万が一が起こらない為にも予め知ってほしいこと。
アンニョンハセヨcloverleafです


現在留学中の方も

これから留学中の方にもちょっと気をつけてほしいことを

少しお話できたらと思い、ブログを書いています。

留学とは韓国留学だけに限ったことでは無いわけですが

私自身も韓国へ留学をし、また、留学会社で仕事をする1人として

留学生の方から問い合わせや相談をいただくことがあるのですが

最近増えつつあることの1つが保険金請求の件での相談です。

最近では保険加入を必要とする学校も増えてきました^^

保険というのは

「将来おこるかもしれない危険に対し

事故の発生の確率に見合った一定の保険料を加入者が公平に分担し

万一の事故に対して備える相互扶助の精神から生まれた助け合いの制度のこと」とあります。

保険と聞いてよくみなさんが思われることが

保険に加入している=どんなことも全て補償されている、いうことです・・。

加入されている保険の内容によっても

補償内容というのは当然、異なる為

どんな保険でも全て補償されているわけでもありません。

だからといって

「自分に限って事故に遭うわけない・・・」と保険に入らず

まさかのアクシデントにより、怪我をした、あるいは

大きな手術を受けなければならない。。。

となっても治療費、入院費は高額。。

それなら日本に帰るまで我慢・・をするわけにもいきません。

韓国もここ数年でほとんどの学校で留学生に

保険加入を義務化しております。
(学校によっては学校が指定する保険、
あるいは学校で団体で保険に加入するところもあります。)

加入していなければ、学校の行事に参加ができない、あるいは

学校の登録取り消しを命ずるというところもあります。

保険のプランは保険会社によって

補償内容も、保険加入金額も当然異なってきます。

とにかく手厚い補償を・・いうのであればその分

保険の金額も高くなるのは当然です。

留学をされた方からこれは保険適応ですか?と聞かれることの2つが

歯科と産婦人科関係です。

みなさんも滞在中、お世話になるかも(?)の病院。


留学保険保険の補償内容の多くが病気・怪我の保障がメインとなったプランが多く

歯科治療費はカバーされていないものが多いです。

特に海外の歯科治療は日本よりも高額になることもある為、

心配な方は歯科治療までカバーした保険プランに加入されるか、

渡航前に歯医者へ行って治療しておくこともおススメです。

産婦人科関係では

アフターピルの処方、妊娠、中絶などの診察に関して

保険適用かどうかの問い合わせをいただくことがありますが

中絶手術、アフターピルの処方など

病気などに向けた診療とは認められていないため、

保険の補償外となり全額自己負担となります。

保険を加入する前には補償内容なども確認し万が一に備え

加入することも1つですが

なにより、一番は大切なことは安全に留学生活を終えて

帰国することです。

SHOW CASE2017まであと13日!

■韓国留学のことならaah! education にお任せください! ■


韓国長期・短期語学留学|韓国留学のaah! educationへ


にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国留学 ブログランキングへ



スポンサーサイト
[2017/10/21 23:56 ] | 留学 お役立ち情報 | コメント(0) | トラックバック(0)
<<外国の物件だからなのかそれともこれが世界デフォなのか?w | ホーム | ソウルで見かける自販機。>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aah10.blog.fc2.com/tb.php/1542-036f8954
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |