FC2ブログ
現代アートの島と自然と私。
アンニョンハセヨcloverleafです

体感温度37度を記録した昨日の昼間も

とにもかくにも暑かったソウル。

暑いのが苦手な私としては沖縄よりも暑い気温で

数字をみるだけで参ってしまいそうでしたが

参っているのはソウルへ戻って来てからも

旅の記録が終わらないw


待ってますよ〜w 空き缶アート。
がんばれー自分wと言い聞かせ

更新していきたいとおもいますw

家プロジェクトの作品を見るべく、本村へとやってきた私。

作品の中には予約時間にだけ見れるものもあったので

その時間などに合わせ、他の作品も見て回らないといけなかったのですが

作品とひとつ一つ見て行くとスタンプラリーのように

入り口で判子を押してもらえるのが

なんだか街並みの中彷徨いながらも発見できた達成感を

感じて嬉しかったです。←子供かw


スタンプラリーのような感じで一つ一つ作品を探してみる感覚は面白かったですw

各作品、街並みや自然に溶け込んでいていたり

自分の感覚が研ぎ澄まされるような作品や、たった一人で

作品を見ることができたり、時間や季節を感じれるもの、

自分がまるでその作品の1部になったような。

なんだかとても不思議な感覚と作品との出会いとなりました

直島に上陸し、モーニングうどんを食べ損ねた私ですが

お昼はちゃんと食べたかったものを食べれましたw

直島カレー!美味しゅうございました!

直島といえば、直島カレー

エビやイカ、ホタテなどの海鮮がごろごろ入っていて

食べ応えありなカレーで美味しゅうございました

ちなみにこちらのお店、私がモーニングうどんをするため

うどん屋を探している時に

何度も店の前を通っていたのに全く気付かずwww

彷徨いながらも順調にアートな島巡り、午後の部、向かったのは

地中美術館。

美術館入口までの道にはモネが描こうとしていた風景が

再現されていた地中の庭。

地中のお庭。

自然と人間を考える場所とし、また

景観を損なわないよう建物の大半が地下に埋設された地中美術館。

まるで別世界に来たような、そんな美術館でした。

美術館内はこちらも撮影がNGでしたので写真は地中のお庭のみ。

日没にあわせて行われる45分間のナイトプログラムは

自然と光の芸術家の演出がまたなんとも言えない感覚にしてくれます。

季節や時間帯を変えてまたじっくりと鑑賞したい美術館です。

そして直島といえば・・ベネッセハウスですよ。

そしてベネッセミュージアムへ。

美術館とホテルが一体となった施設。

美術館に泊まれるて、、考えるだけでもすごいですよね・・

私は今回ベネッセハウスには泊まりませんでしたが

地中海美術館のナイトプログラム前に

こちらの美術館にも見学しに行って見ました。

ベネッセハウス敷地内は宿泊者以外は自転車、バイクの乗り入れがダメだったので

美術館に辿りつくまではとにかく徒歩で坂を登るのみ。。。

芸術家の作品だけでなく、直島の風景がね、

もう自然の作品そのもので。

疲労感は何処へやら。

体力の限界・・と諦めず行ってみてよかったですw

やっと見れた黄色いかぼちゃ


ベネッセハウスに向かう途中、黄色いかぼちゃも忘れずに


■韓国留学のことならaah! education にお任せください! ■


韓国長期・短期語学留学|韓国留学のaah! educationへ



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国留学 ブログランキングへ
スポンサーサイト



[2017/07/07 02:35 ] | 日本・沖縄・石垣島から | コメント(0) | トラックバック(0)
<<直島で泊ったゲストハウス〜海辺のゲストハウス海っこ〜 | ホーム | ついにアートが・・w>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aah10.blog.fc2.com/tb.php/1472-59fac433
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |