FC2ブログ
雪岳山のデフォは〇〇!w〜外国人シャトルバスで行く江原道の旅~
アンニョンハセヨ

先週から一泊二日の江原道の旅の模様をお届けしております
cloverleafですw

さて本日もその続きを書かせて頂きたいと思っておりますwww

まさか入山して早々に食べれると思っていなかった

お昼を無事に済ませ、高いところから雪岳山の山並みを

まずは一望したく向かった先はケーブルカー乗り場。

一万ウォン握りしめ、チケット売り場へと移動。。

が、、なにか様子がおかしい・・・。。。。

なんだ、チケット売り場の方、お昼休憩でもいったか??

にしてもよ・・?窓口そんなに締めていくなんてまるでやす・・

なぁぁぁぁぁにぃぃぃぃ―――――――――――――――――――

強風のため運休だとぉ――――――――――――・・・。


強風で乗れないケーブルカー・・w

乗り場でやたら空いてるから乗り場じゃない所へ

来てしまったかと思いきや、、まさかの運休により乗れないという・・(笑)

乗れないかもしれない・・というアナウンス、せめてバスで

案内欲しかったよね(笑)
←まぁ、、ガイドさん入り口で行ってしまったし・・

乗れないのはわかったけど、そんなに風が強かったんかね?と

あきらめつかない私はとりあえず外ケーブルカー乗り場で

ケーブルカーだけでも一目見ようと外へ。

ケーブルカーが運休なのは・・

もちろんの如く・・ケーブルカーみれずはずもなく・・。

なにやら後から知った事。

雪岳山は風の影響でケーブルカーの運休はデフォなんだとか(笑)

そ、、それなら仕方がないのですが

やっぱり一回は乗ってみたかったなぁ・・。


201611112250517a7.jpg

風で揺れるケーブルと入口にあるゴンドラだけ見つめても

タイムリミットの3時30(集合場所に戻ると自分で決めた時間w)は迫る。

立ち止まってもいられない、前に進まねば・・w

ケーブルカー乗り場を後にし、向かった先は신흥사(シヌンサ=新興寺)

20161111221638bd5.jpg

曹渓宗(大韓仏教曹渓宗)は、 652年(新羅真徳女王6年)

全国の有名な寺院を回りながら旅していた慈蔵律師(590~658)が

建てたお寺なんだそう。

元々は香城寺という名だったそうですが

その後、数回の火事に遭うも

仁祖(朝鮮16代目の王)22年(1644年)に霊瑞、蓮玉、恵元らが

現在の場所に寺を建て、

名前を神の啓示を受けて建てたという意味を込め、「神興寺」としたそうな。

歴史ある寺院内へ入ってまもなく

目に飛び込んできたのは

巨大な鳥様ではなく(笑)統一仏(トンイルプル)という大仏様。
←写真がどうしても鳥目線w

20161111221640d90.jpg

そしてセルカ棒で写真を撮る韓国人のご夫婦が

入り込んでおります(笑)

由緒ある寺院内、散策するとなんだか心が落ち着くもので

お寺内気持ちよく散策しながらふと時計に目をやると

タイムリミットまで2時間を切っていることに気づいた

20161111221642d2a.jpg

まずい、、ホントに山の入口付近で

時間になってしまう・・

この時間内、雪岳山内の見どころにとにかく行かねば・・

地図を見て、時間内に行けそうなスポットへ


■韓国留学のことならaah! education にお任せください! ■


韓国長期・短期語学留学|韓国留学のaah! educationへ



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国留学 ブログランキングへ
スポンサーサイト



[2016/11/10 23:37 ] | 韓国で遊ぶ  | コメント(0) | トラックバック(0)
<<雪岳山の美しい滝を目指して。 | ホーム | 外国人シャトルバスで行く1泊2日の旅~雪岳山へ入山も・・〜>>
コメント
コメントの投稿












管理者にだけ表示を許可する

トラックバック
トラックバック URL
http://aah10.blog.fc2.com/tb.php/1320-772743ae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
| ホーム |