FC2ブログ
韓国の温泉町、アサンへ行く〜日帰り温泉最終話〜の巻
アンニョンハセヨ

諸事情によりまして・・

更新が遅れておりますcloverleafです
すみません・・

さて

いよいよアサンストーリー、最終話(になるか?w←したいっ)

막국수(マッククス)を食し、いよいよアサンの地で一番のメインイベント!

온천(オンチョン=温泉)

私が彷徨ったエリアだけでも、なんと15ヶ所ほどの温泉があり

これは、温泉ハシゴなんぞやってみるか!と思っていたわけです(笑)

という事でその中でチョイスした温泉は・・・

韓国で初めての温泉はこちらにしました。新泉湯。

신천탕(シンチョンタン=新泉湯)

温陽温泉駅近くのエリアではこちらは代表するという新泉湯。

温泉ハシゴをするならここは外せないと考え

こちらをチョイスしたわけですㅎㅎㅎ

建物へ入って、一階でお金を払い、入浴券を握りしめ2階の女湯へ。

先払い。温泉が7000ウォンで入れちゃうという嬉しさ。

温泉、入浴代7000ウォンなり。

(インタネットの情報より)値上がりした様ですが、

温泉なのにこの値段で入れるのはかなりお得なのでは?

いつもソウルで行くチムチルバンだと

お風呂グッズ(シャンプーやリンスなど風呂用具一式)を持って行くわけですが

現地(風呂屋)調達でいいやと手ぶらでいった為

売店で垢すりのタオルや1回用のシャンプ―やリンスなど購入し入場

ソウルのチムチルバンでは女湯の方タオルを2枚だけ渡されるのですが

ココでは入口で渡されなかったので、もしやタオルなし??・・と心配しましたが

入浴場の出入り口に山のタオルが準備されていて

それをお使い下さいとの事これはありがたいっ

服を脱ぎ、いざ浴場へ。。。

新泉湯の中ですが、温度別の湯船が5つほど、

サウナが2、3ほど、垢すり(別途)ができる様になっており、

湯船などが多いのに比べ、体を洗う場所が少し

少ない印象を受けました。

訪れた日が日曜の午後ともあり、私以外全員韓国人の方www
←そら当たり前かw

初めての韓国温泉、失礼ない様にと予めアサンへ向かう前に

情報をネットでみて来たのですがなにやら

体を洗う場所(座りシャワー)は縄張りがあり勝手に使うと

怒りにくるアジュンマがいるとか←ホントかよww

ずっと桶に入っていたらすごい剣幕で怒られ浴槽にずっと入ってはいけないのか?とか
←言われた方が韓国語がほとんどわからなかったので…とは
書いてありましたが
それにしてもそれはいくらなんでも・・

怒られネタをよく目にしていた為、

アサンにはアサンの風呂ルールに従えで(笑)ちょっと緊張しながらも入場w

座りシャワーは縄張りとうより、数がやはり少ないため時間帯によっては

渋滞になりやすいのと、ご年配の方も多く利用していていました。

一方、シャワーの方はというとこちらも縄張りはなく、空いてる所を使っていく方式。

もちろん、お風呂アジュモニに怒られる事もなく、普通に体を洗いましたw

逆に、、これこそ怒られねぇか??と私の目を疑う光景が

沢山あったのですが

냉탕(ネンタン=水風呂)で子供たちがプールの様に泳ぐ姿は

ソウルでも見た事はあったのですが

ここではなんと子供に交じってバタ足でガチ泳ぎをする大人が・・

裸なんですけど、ゴーグルや水泳帽をしている所なんて、

ソウルでは見た事はなかったですし、むしろ、ネンタンはネンタンではなく

プールなのか??と思うほどでございましたwww

檜の浴槽の縁に、桶には入らず裸体で寝そべりながら

女子トークをする若者。

修行か??と思うほど滝の様に流れる水に何十分も打たれるアジュンマたちw

結構、いや、、かなりカオスw

その中を温度別の浴槽とサウナを行ったり来たりする私w

新たな風呂の世界を発見した日でもありました(笑)

垢すりは人気で1時間待ちたっだので今回は断念。

(温泉の)温度が高い事もあってか、ちょっとのぼせ気味になったため

1時間で新泉湯を後にしました。

風呂上がりに牛乳ではなくソフトクリームをほうばりながら

散歩。

ミルクソフト。なんの変哲もないw

もう一か所ハシゴして温泉へ行こうと思っていたんですが

新泉湯でのぼせ気味になった為(笑)

アサンを離れる前にもう1ヶ所、違った方式で

温泉を楽しめる場所へ。

露店足湯。無料で利用できる。

露店足湯場

温陽温泉場から温泉水が直接供給されている足湯場。

駅の近くに位置しており、利用料は無料。(タオルは要持参)

誰でも気軽に利用する事が出来ます

夕方の時間になり、女性だけでなく、男性の姿も多くなり

あっという間に足湯場は満席に。

夕方になり、足湯をする人が増えてきた。意外にも男性多し。

効能
血液循環・疲労回復・不眠症・神経衰弱・リウマチなど

観光や散策で訪れた時に気軽に利用する事ができるのもうれしいです

のぼせ気味になり温泉ハシゴは

次回の楽しみに取っておくとこに決め、アサンを後にしました。

ソウルとは違った時間を感じる事ができる韓国の地方。

また次のお休みにもどこかぶらりと出掛けてみようかと思います

ながながとアサンストーリー、お付き合い下さいました方、ありがとうございました。

アサン日帰りストーリーこれにて(完)w

■韓国留学のことならaah! education にお任せください! ■


韓国長期・短期語学留学|韓国留学のaah! educationへ



にほんブログ村 海外生活ブログ 韓国情報へ
にほんブログ村

韓国留学 ブログランキングへ
スポンサーサイト



[2016/07/15 23:51 ] | 韓国で遊ぶ  | コメント(0) | トラックバック(0)
| ホーム |